タミフルはインフルエンザの予防薬になるか?

予防接種予防効果は80%と高いことがわかっています。

しかしその投与は健康保険の適応外であり、インフルエンザ患者と同居する高齢者や、慢性疾患をかかえる状態の悪い患者さんが対象です。

タミフルを治療に使用する場合は1日2回、5日間であるのに対して、予防投与の場合は1日1回、7日間~10日間です。

なお、これはワクチンによる予防に置き換わるものではありません。

なぜならワクチンは接種後約5ヶ月効果が持続しますが、タミフルは服用している間しか効果を発揮できません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする