インフルエンザの予防接種はいつ受ければよいか?

健康診断毎年11月末までには受けたほうがいいでしょう。

インフルエンザの流行が1月上旬から3月にかけて多いこと、予防接種の効果が出るのに2週間ほどかかるためです。

現在の予防接種はソ連型(H1N1)、A香港型(H3N2)、B型の3種類の混合ワクチンですので、どの型が流行しても効果があります。

接種回数は1~4週間の間隔をおいて2回がするのが普通です。

ただし、65歳以上の方 、昨年予防接種を受けたかた、近年インフルエンザに罹患した方は年1回の予防接種でも十分な免疫力が得られるといわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする