インフルエンザの治療薬とは?

健康診断タミフル(リン酸オセルタミビル)は経口剤として、リレンザ(ザナミビル水和物)は吸入薬として、インフルエンザウイルスの増殖を抑える働きがあります。

治癒期間を5日から3.5日に短縮するといわれています。

A型、B型インフルエンザ両方に効果があります。

そのほかに、シンメトレル(塩酸アマンタジン)があります。

これは従来、パーキンソン病の治療薬として用いられてきましたが、抗インフルエンザウイルス効果を持つことが分かってきました。

ただしA型インフルエンザしか効かず、不眠、悪夢、幻覚、妄想などの副作用がときにみられます。さらに妊婦へは催奇性が疑われるため投与できません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする