インフルエンザの診断方法は?

健康診断なるべくはやく診断するために、ウイルス抗原を検出するための迅速診断キットが普及しており、A型とB型の鑑別も可能です。

通常30分以内に結果を判定できます。ただ、発症した直後ではウイルス量が少ないため陽性と判定できません。

発症後2日目が最も陽性率が高く、4~5日たつと陽性率は低下します。

タミフルなど抗ウイルス薬は発症後48時間以内でないと効果がないため、たとえ検査で陰性でもインフルエンザの症状があれば抗ウイルス薬を処方する場合もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする