インフルエンザと普通の風邪はどこが違うか?

健康診断普通の風邪では鼻汁、くしゃみ、のどの痛み、咳などで、高熱が続くことはあまりありません。

ところがインフルエンザでは、のどの痛み、咳などに加え、40度前後の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛とともに全身の衰弱が目立ってきます。

潜伏期は平均3日で、症状が出たあと約1週間で治ります。

ただ、子供では脳症状をおこしたり、老人や免疫力の低下した人は肺炎を引き起こし致命傷になることがあるので、軽くみてはいけません。

通常、11月下旬頃に発生しはじめ、12月下旬に小さなピークがあります。

さらに翌年1~3月頃にピークを迎えて4月には収束する傾向があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする