PET-CT(ペット-シーティー)とは

PETでガンがあるらしいことが分かっても、病変部位の形や大きさがはっきりしないため、CTやMRIの画像と合成して確認する必要があります。

そこで、PET画像にCT画像を重ね合わせた、融合画像が撮れるような画像診断装置が開発されました。

これをPET-CT(ペット-シーティー)と呼び、PETとCTの機能を併せ持つ理想の診断装置といえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする