STAP細胞( 刺激惹起性多能性獲得細胞)

Cell
STAPというのは「Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency」の略です。

STAP細胞の発見は、たとえば皮膚の細胞をとってオレンジジュースにつけておくと、初期化して、どのような臓器にでも変化できる細胞に変身したというほど衝撃的なニュースなのです。それを日本の若き女性化学者・小保方晴子氏が発見したのです。

人工的につくられたiPS細胞は、体細胞の外から遺伝子を組み込んで初期化を起こすことに成功しましたが、STAP細胞はiPS細胞と異なり、幼若マウスの細胞にストレスをかけるだけで、自身のシステムを初期化してみせたのです。

ストレスの内容は、ph5.7の酸性溶液中に25分間置くだけでした。このためガン化の危険を考えなくて済みそうです。またそれ以外にも、極細ガラス管の中に細胞を何回も通すとか、細胞膜に穴をあけるというストレスでも、初期化を引き起こすことがわかりました。

こうして得られたSTAP細胞は、iPS細胞よりさらに受精卵に近い状態を示唆する、羊膜や胎盤にも変化できることがわかりました。

ただSTAP細胞は、試験管の中でどのような細胞にも変化しうる万能性は示しますが、自分のコピーを増産する能力(自己複製能)が乏しいという難点がありました。

しかしACTH(副腎皮質刺激ホルモン)を培養液に加えることで、増殖、自己複製できることがわかってきました。

今回のSTAP細胞作製の意義は、細胞に直接手を加えることなく環境を変えるだけで、初期化を起こしたということ(動物世界ではありえないと考えられていた)と、初期化された細胞が胎盤を含むすべての生体組織に分化でき(iPS細胞ではできない)、ガン化の心配も少ないということでしょう。

世界的科学雑誌「ネイチャー」での発表以来、動物細胞に自発的な初期化が起こるという、従来の生物学、細胞学では考えられないテーマにあえて挑戦した研究者に、世界中から惜しみない賛辞が送られています。医学研究者なら先入観に囚われて発想もできなかったというのが実情でしょう。柔軟な思考の産物といえます。

今後、このメカニズムの解明が待たれますし、マウスから人での実験を経て、ひとへの臨床応用が大いに期待されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする