痔ろうの治療

皮膚に切開して膿をだしても根治にはなりません。

「直腸内の陰か」を処置して、菌の進入が起きないようにしなければいけません。

手術は括約筋といっしょにトンネルを切除する「開放法」と括約筋を切らずに、トンネルだけをくりぬく「括約筋温存手術(くりぬき法)」があります。

痔瘻は、手術をするしか完治させる方法はありません。

膿の出口となった皮膚の傷口がふさがっても、一旦できたトンネルはなくなりません。

症状が落ち着いても治ったわけではなく、痛みや腫れが再発することがあるため油断は禁物。

まれにですが、10年以上治療せず放置しておくと「ガン化」することもありますので、早めに専門医を受診するよう心がけましょう。

一般に痔の症状が出たときは患部を「温めて症状を緩和させる」とされていますが、痔瘻の症状が出たら患部を「冷やして症状を緩和させる」よう心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする