痔ろうとは?

肛門をわずかに入ったところ、直腸との境の小さな穴(陰か)に細菌が入り込み、トンネルをつくってそこが化膿した状態を肛門周囲膿瘍といいます。

肛門周囲が腫れて痛みますが、抗生物質などで炎症が落ち着いてくると痛みはとれ硬いしこりを触れたり、皮膚の穴から膿(うみ)が出たりします。

この炎症が続くとトンネルは肛門周囲の皮膚にまで通じるようになり、痔ろうとなります。

いずれにしても、菌が常にトンネル内に入り込むため、しょっちゅう化膿を繰り返すことになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする