裂肛(切れ痔)とは?

肛門粘膜の切れたものが、裂肛(切れ痔)です。

硬い便の通過や強いりきみで、肛門が無理に広げられることにより起こります。

排便時と排便後に非常に強い痛みと真っ赤な出血が出ます。

繰り返すと肛門は狭くなり、ますます切れ易くなります。

裂肛が慢性化すると傷口が潰瘍になり、排便後も強い痛みが続くことになります。

また、裂肛の手前と奥に良性のポリープができることがあります。

初期の排便時痛や出血の段階では、便を軟らかくし、軟膏を塗れば改善しますが、慢性化し潰瘍を形成し肛門が狭くなると、肛門を拡げる処置が必要ですし、慢性的に切れる部分の切除術も必要になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする