内痔核の輪ゴム療法

輪ゴム療法は筒状の器具を使い内痔を輪ゴムで縛ります。

内痔の部分(粘膜部)には神経がありませんので、輪ゴムで縛っても痛みはありません。

数日しますと縛られた痔核は壊死し脱落します。

したがって手術による切除と近い効果があります。

外来で治療可能です。

術後の痛みや出血もほとんどありません。

ただ、数年しますと再発し易い傾向があります。

内痔核と同時に外痔もある場合は内痔を輪ゴムでしばり、外痔は小さく局所切除するという方法もあります。

内痔が主で外痔は小さい場合、あるいは入院する時間的余裕が無い場合や体力がない場合には有効です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする