ストレスが溜まって便秘になった場合

職場や家庭内でのストレスが原因で腸の緊張が強くなり、便の通過が悪くなった場合です。

したがって、治療はいかにストレスをとるかにかかっているといえます。

食生活では、朝食を必ず摂ること、一日3回決まった時間に食事する習慣をつけてください。

便の量が少なくなると、よけい便秘がひどくなります。

食物繊維は摂らねばなりませんが、腸をあまり刺激しない食品(ひじき・わかめ・こんにゃく・果物・煮野菜など)を選んで摂るようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする