小児の腹痛について

小児に特有の腹痛としては、学校ぎらいや華族の関心を得られない子に臍疝痛(さいせんつう)という病気があります。

治療はしなくても、精神的に満足が得られれば治ります。

また、1歳以下の乳児に嘔吐・血便がみられる場合には、腸重積という腸のつまる病気があります。

早ければ、手術しなくても治すことが出来ます。

また、小児の虫垂炎では、熱がでて、むずがるだけであるとか、おなかの痛がる場所がはっきりしないことも多く、手遅れになる危険があるため、わけの分からない熱や痛みに対しては、専門医に診てもらうようにしてください。

onaka_440

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする