下痢と便秘を繰り返すとき

大腸の検査をしても異常がないのに下痢と便秘を繰り返したり、腹痛が治らないという訴えをよく聞きます。

これは腸が痙攣をおこしたり、逆に弛緩して動きが悪くなってしまうのが原因です。

腸に傷はなくても蠕動運動が円滑におこなわれなくなると、このような事態にいたるのです。

しかし、なかにはガンが出来たために同様の症状を来たす場合もあり、中高年者にこのような症状が出てきた場合には、必ず大腸検査を受けておく必要があります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする