過敏性腸症候群とは

腸の運動を調節しているのは自律神経です。

したがって手や足は自分の意志で動かせますが、腸を動かすことはできません。

過敏性腸症候群とは、自律神経による腸の運動の調節が狂ったため、便秘や下痢などの便通異常がおこるものをいいます。

原因は精神的な異常によるものと、自律神経失調症によるものがあります。

症状は便通異常のほかに腹痛、腹部の不快感・膨満感などがあります。

ただしこの病気は大腸検査をして、潰瘍やガンなどの病変がないことを確認しないかぎり、診断することはできません。

この病気は症状によって3つのタイプに分けられています。

1.下痢と便秘を繰り返すタイプ 

日本人にもっとも多いタイプで、おなかの痛みを伴うことが多い。

便秘だけの場合もある。

2.慢性に下痢をするタイプ

数年にわたって下痢がつづくことが多いが、そのわりに体重は減らないのが特徴。

腹痛はみられないこともある。

3.多量に粘液がでるタイプ

日本人には少ないタイプ。

便秘につづいて激しい腹痛とともに多量の粘液がでる。