腸閉塞(イレウス)はなぜおこるか

約90%はガンなどの腫瘍や潰瘍による狭窄、術後の癒着などで腸が詰るためにおこります。

この詰まりかたがひどくなると、腸の血液循環が悪くなり、腸管の壊死を来たす危険な状態(絞扼性イレウス)になります。

症状は腹部膨満感と嘔吐で、ひどくなると吐物に便臭を感じます。

腹部単純X線写真で特徴ある鏡面像がみられ、超音波検査、CT検査さらには造影検査にて狭窄の原因について検索します。

腸閉塞が軽度であれば保存的に治療することができますが、閉塞の程度がひどくなると経鼻的にイレウス管を挿入して減圧に努めます。

こうして圧を下げ、腸の浮腫を十分とったうえで、必要あれば手術をします。

縫合不全をおこすからです。

これと全く異なり、腸が詰っていないにもかかわらず、内容物が停滞して動かないのを機能性イレウスといいます。

おなかの手術の後や、腹膜炎の際に見られます。

この場合は絶食で輸液療法をおこなえば、多くは症状の改善をみます。

腸のなかに胆石や便のかたまりが詰まる

癒着などで腸が外から圧迫されて詰まる

腸が捻じれて詰まる(腸捻転という)

腸がめくれこんで詰まる(腸重積という)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする