抗サイトカイン(抗TNF-α抗体)療法とは

TNF-α(腫瘍壊死因子)とは腫瘍細胞を壊死させたり、感染を防御し、からだを守っているサイトカインです。

通常は外敵がからだに侵入すると免疫システムにスイッチが入りますが、時として、外敵がいないのに間違ってスイッチが入り、TNF-αを産生してしまうことがあるのです。

クローン病では、このような勘違いからTNF-αが大量につくられるため、かえって自分の小腸や大腸に深い潰瘍を造ってしまうと考えられています。

抗サイトカイン(抗TNF-α抗体)療法とは、免疫をつかさどるマクロファージを破壊し、TNF-αの産生をストップさせることにより、潰瘍を治してしまおうというものです。

現在、以下の2つが保険適応となっています。

1.インフリキシマブ(レミケード)

2ヶ月ごとに点滴静注します

2.アダリムマブ(ヒュミラ)

2週間ごとに筋肉注射 (慣れれば自己注射も可能)