食事療法のポイント

ヨーグルト
成分栄養剤(ED)は徐々に減らし、低脂肪・低残渣食に移行していきますが、十分なエネルギーを保つことが大切です。

主食はお粥・軟食・うどんとし、脂身のつよい肉・乳製品は避け、魚とくに青魚をとるほうがいいでしょう。

野菜は繊維の多いものを避け、細かく切ってジュースにするか煮野菜にしてとってください。

牛乳は低脂肪乳としヨーグルトは可、卵は控えめにします。

果物はバナナ・桃・りんごはかまいませんが、かんきつ類は避けてください。

コーヒー・アルコール・炭酸飲料はいけません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする