クローン病の合併症とは?

医療腸におこる合併症としては、狭窄のため食物の通過が悪くなります。

また、腸と腸同士がくっついてトンネルができたり、腸が膀胱や膣にもくっついて、トンネルをつくったりするため、膿が溜まったり、高熱がでる、腹痛がひどくなる、出血がひどくなるなどの症状が出てきます。

また難治性の痔核や痔ろうをつくって、肛門周囲が膿んだり、出血、痛みが強くなります。

腸以外には、約30%のかたに手足の関節の腫れや痛みがみられます。

また1~2%のかたに、目に虹彩炎、皮膚に結節性紅斑を合併してきます。

さらに原発性硬化性胆管炎という、胆汁の流れが悪くなり肝硬変を引き起こす病気が、1~3%に合併してきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする