血を吐いたらどうするか

血を吐いたときにはただちに専門の病院に行くべきです。

一昔前までは、おなかを氷で冷やし、胃に管を入れてひたすら安静を保つようにしていましたが、内視鏡技術の発達した

現在では、ショックの手当が済み次第、ただちに緊急内視鏡検査をおこない出血部位の確認と止血の処置がおこなわれています。

ただし動脈などの太い血管が裂けている場合には、内視鏡による止血は容易でなく、手術が必要になります。

食道静脈瘤破裂の場合

ただちに緊急内視鏡検査を行い、出血点を確認したのち、静脈瘤の結さつ術(EVL)をおこない、状態が落ち着けば、硬化剤(エタノールアミンやエトキシスクレロール)を血管内外へ注射する(EIS)

胃十二指腸潰瘍から出血した場合

胃カメラの先から針を出し、出血している血管に純エタノールを注射したり、クリップや止血鉗子ではさんで止血したり、アルゴンプラズマによる高周波凝固をおこない止血する)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする