キズがないのになぜ胃の具合が悪くなるか?

これらの愁訴の多くは、不安・いらいら・過労・不眠などで胃に強いストレスがかかることによります。

潰瘍のない消化不良(NUD)といわれるもので、3つのタイプがあります。

1つ目は胃酸が逆流するタイプで、胸焼け・ゲップが主症状です

胃の内圧が高くなるとお腹が張って苦しくなり、空気やガスを吐き出そうとしてゲップが出ます。

肥満でおなかが出てきた場合や、空気を呑みこんだり、炭酸の飲み過ぎが原因になっています。

この場合は胃酸を抑え、胃の動きを助けることが必要です。

したがって炭酸や甘いもの・イモ・豆類を控え、制酸剤や運動促進剤を処方してもらう必要があります。

しかし胃潰瘍や胃癌のため食物の流れが悪くなり、胃の内圧が上がってゲップの出ることもあるので検査を受けておいてください。

2つ目は胃が動かないタイプで、膨満感・吐き気・食欲不振が主症状です

胃の動きが悪くなると、胃液が十分出ないため、食物を粥状に消化できません。

そのため、食物がいつまでも胃の中に残って十二指腸へ出て行かず、膨満感や吐き気・食欲不振がつづくのです。

これを改善するには消化酵素剤や運動促進剤を処方してもらう必要があります。

3つ目は胃潰瘍に似た症状を示すタイプで、空腹時や夜間に痛みを来します

胃潰瘍に準じ、制酸剤や痛み止めを処方してもらってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする