ピロリ菌はどのようにして胃をキズを傷つけるのか?

ピロリ菌のもつ毒素や免疫細胞の増殖・反応に関するサイトカインという蛋白が胃の粘膜下を流れる血液中の好中球を活性化し、活性酸素やフリーラジカルを発生します。

これが胃の粘膜を傷つけて潰瘍を発生させるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする