胃のポリープとは

胃のポリープとは胃のなかにできる良性のイボのことです。

そのほとんどは、過形成性ポリープや腺腫、胃底腺ポリープと呼ばれるものです。

過形成性ポリープ

ポリープの大多数を占める。

大きくなると茎ができたり、房状になったりする。

しばしばいちごのように赤くなる。

ガンになることは稀(ガン化率2%程度)。

腺腫(異型上皮)

白っぽく平べったい隆起で、小さいものが多いが、2cm以上になるとガンを合併しやすい(ガン化率15%)

ブドウの房の形をして巨大化するものがある。

胃底腺ポリープ

胃の入り口付近に多発する小さなポリープ

家族性大腸腺腫症に伴ってみられることがある。

ガンにはならない。

ガンとの鑑別

ガンは小さくても表面がまだら模様であったり、けばけばしいほど赤さが目立ったり、デコボコして硬いなどの特徴がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする