潰瘍の手術が必要なとき

  1. 潰瘍からの出血が止まらないとき
  2. 潰瘍で穿孔し腹膜炎をおこしたとき
  3. 潰瘍の程度がひどく、胃の出口や十二指腸が狭窄をおこしてしまったとき

以上3つの場合には手術が必要となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする