潰瘍の検査はどのくらいの間隔で受ければよいか?

潰瘍の治療を始めた後、1~2ヶ月後に治ったかどうかの判定が必要です。

なるべく内視鏡検査で確認するようにしてください。

その結果をみて、薬の変更や中止の決定をすることになります。

潰瘍が治った後は、1年に1回、定期検診(内視鏡検査かX線検査)を受けるようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする