潰瘍で入院が必要となるとき

入院が必要となる潰瘍は、出血している潰瘍と、穿孔の危険がある潰瘍の2つがあげられます。

これらの潰瘍は失血によるショックや穿孔による腹膜炎をおこす危険があり、入院治療が必須となります。

このほか、痛みが激しい場合や食事が取れない場合にも、短期間の入院が必要となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする