除菌療法の最大のメリットとは?

いままでの胃潰瘍の治療では、60~80%のひとが再発を繰り返していましたが、除菌療法に成功すると、潰瘍を再発するひとは20%以下に減少しました。

またピロリ菌をもっているひとは、もっていないひとの20~30倍も胃ガンが発生するといわれます。

また、早期胃ガンの治療をしたあと、除菌したひとと除菌しなかったひとを比べると、除菌したひとは胃ガンの再発が3分の1に減っていました。

除菌療法に胃ガンの発生を抑える働きがあることは、明らかになってます。

除菌は可能な限りしておくべきだと思われます。