ピロリ菌はいつのまに感染するのか?

なんでも口に入れる乳幼児のころに感染するのではないかと予測されています。

乳児の胃は粘膜がみずみずしく柔らかで、胃酸の分泌も弱く、ピロリ菌にとってはこの上ない住みやすい環境なのです。

逆に大人の胃はざらざらしてピロリ菌は住みにくいため、成人してからピロリ菌に感染することは少ないと考えられています。

さらに、5歳までの乳幼児のあいだは、まだ免疫能が十分備わっていないため、簡単にピロリ菌の侵入を許してしまうのではといわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする