ピロリ菌による胃ガンの発生を促す因子

ピロリ菌に感染しているひとが塩分をとりすぎると、胃がんの発生は3倍も多くなるといわれています。

また、血糖値が高い場合は胃がんの発生は4倍になるといわれています。

さらに、喫煙する場合には、胃がんの発生は11倍にも達するといわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする