肝硬変の診断

肝硬変は、血液検査や画像診断によってほぼ診断できますが、確定するためには肝臓を直接観察する腹腔鏡検査と、肝生検という組織検査が必要です。

血液検査 肝硬変ではGOTがGPTより高くなるのが一般的で、その差が大きいほど肝硬変は進行しています。

画像診断(超音波、CT、MRI) 肝硬変では肝臓表面の凹凸でゴツゴツした感じや、わずかな腹水も発見できます。

腹腔鏡検査 肝硬変では肝臓表面のゴツゴツした状態が肉眼で確認できます。

また、同時に肝生検で組織をとって確定することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする