肝硬変とは

B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスあるいはアルコールなどが原因で、長年にわたり肝臓の細胞が破壊されると、肝臓の中は線維が増えて固くなり、ゴツゴツとしたこぶだらけの状態になります。

肝臓がいくら余力をもっているといっても、次第に働きが弱り、動かなくなってしまいます。

この状態を肝硬変といいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする