C型肝炎の診断

まず、ウイルス遺伝子定性検査(HCV RNA)を行い、感染が持続しているかどうかを確認します。

もしHCV RNA定性検査が陽性で、GOTやGPTなどの肝機能検査に異常があれば、C型慢性肝炎と診断されて治療することになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする