C型肝炎とは

C型肝炎ウイルスに血液感染した場合、約3割の人はウイルスが体から排除され自然に治ります。

しかし約7割の人はキャリアとなって、その多くは徐々にC型慢性肝炎へ移行します。

治療しないで放置すると10~30年後には4割のかたが肝硬変、さらにその多くが肝ガンを発生するといわれています。

わが国でのC型慢性肝炎の患者さんは、症状のない持続感染者(キャリア)を含めると150万~200万人いると推測されています。

しかし治療を受けている人は50万人にすぎず、残りの人は無症状のため気付かず、放置されているのが現状です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする