肝臓を守る食事

肝臓の働きが悪くなると 糖質をはじめとして蛋白質・脂質の 体内での代謝異常がおこるため それを補うためにも十分な栄養素の確保が必要となります。

一日3食 朝食は必ず摂るようにし、糖質・蛋白質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維をまんべんなく摂ることが必要です。

卵・牛乳・肉類・魚介類などの動物性蛋白質と 大豆や大豆製品(豆腐・納豆など)・ごはんや豆類などの植物性蛋白質を両方とも取り入れる工夫が必要です。

ビタミン・ミネラルの不足は 代謝障害は勿論 細胞の老化・肝臓の萎縮・再生不良につながります。

特に 糖質・脂肪の代謝に関係するビタミンB類を十分に摂ることは必要です。

またビタミンB類と共にビタミンCは肝臓で解毒の働きを助けることに必要です。

またビタミンAは肝臓の膜と細胞を保護しており、発ガンを防ぐ働きもしているといわれています。

ビタミンEを摂ることは 肝臓の細胞や膜の保護に、ビタミンD・Kは肝臓での代謝を促進するのに不可欠です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする