B型肝炎はどのように治療するか?

B型慢性肝炎の治療法には、抗ウイルス療法、肝庇護療法、免疫療法があります。

1.抗ウイルス療法(インターフェロン、核酸アナログ製剤)

インターフェロン療法はHBe 抗原陽性で、GPT 値が上昇(100以上)した活動性慢性肝炎が適応になりますが、血中ウイルス量が 多すぎると(107copies/ml以上)効果が期待できません。

インターフェロンではB型肝炎ウイルスを完全に駆除できないため、ウイルスの勢いを押さえることを主眼とします。

一方、抗ウイルス療法のひとつ、核酸アナログ製剤は、B型肝炎ウイルスの遺伝子を作っている核酸(DNA)の合成を阻害して、B型肝炎ウイルスが増えるのを抑制します。

インターフェロンの投与期間は6か月以内ですが、これに対し経口剤の核酸アナログ製剤は長期間飲み続ける必要があります。

代表的な核酸アナログ製剤であるラミブジン(商品名ゼフィクス)は、ウイルス の増殖を抑え肝炎を鎮める働きをするため、1年続ければ80%以上に肝機能の改善がみられるといわれ頻用されました。

ところが、高率に耐性株(1年で約20~30%)ができたため、しばしばアデフォビル(商品名ヘプセラ)との併用療法が必要となりました。

しかしそれでもなお不十分なため、現在では、耐性ウイルスの発現率が低い抗ウイルス剤としてエンテカビル(商品名バラクルード)テノホビル (商品名テノゼット)が推奨されています。

B型肝炎ウイルスのDNA合成を阻害し、ウイルス量を減らす抗ウイルス作用が強く(ラミブジンの1000倍)、耐性が出にくく安全性も高いといわれています。

ただしかえって肝臓障害や乳酸アシドージスをおこすことがあるので、専門医によく相談して処方してもらってください。

2.肝庇護療法

GOT・GPTの改善を目的としたもので、グリチルリチン製剤などがありますが、抗ウイルス作用はありません。

3.免疫療法

ステロイド剤の投与を突然中止して、わざと炎症を悪化させるステロイド離脱療法があります。

すなわち大量のステロイドホルモンを短期間投与して肝炎を抑制した後、突然投与を中止するのです。

つまり故意に炎症を再燃(リバウンド)させ、急性肝炎の状態にしたうえでウイルスを退治しようというものです。

しかし大量のステロイドホルモンはかえってウイルス の増殖を促進し、重症化することもあるため、最近あまり行われなくなりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする