どうして肝臓がわるくなるか?

以前は肝臓が悪くなるのは過労やアルコールが原因と考えられていましたが、研究が進むにつれ、肝臓病の80%は肝炎ウイルスが原因であり、残りがアルコールや薬物などによる肝障害であることが明らかになりました。

アルコールや薬物で肝臓を悪くする人は意外に少なかったわけです。

我が国のウィルス性肝炎のほとんどは、A型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスの3種類のウィルスが原因になっています。

A型肝炎ウイルスによる肝炎をA型肝炎、B型肝炎ウイルスによる肝炎をB型肝炎、C型肝炎ウイルスによる肝炎をC型肝炎と呼びます。

アルコールによる肝臓障害は「脂肪肝」によってはじまり さらに多量に飲み続けると「アルコール性肝炎」・「肝硬変」へと進展します。

薬剤による肝臓障害には2種類あって、薬そのものの中毒で肝臓が傷害される場合と、薬によるアレルギー反応が引き金となり、過剰な免疫反応が肝臓を傷害する場合があります。

主として風邪薬・痛み止め・抗生物質などが原因となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする