食道静脈瘤ができたとき

食道静脈瘤のすべてが危険というわけではありません。

赤味を帯びてコブのように腫れ、さらにそのうえに、みみず腫れや血まめのような赤い血管のふくらみが出てくると危険です。

これに対し、食道内視鏡を使って静脈瘤内にエタノールアミンを注入し、静脈瘤のそばの粘膜にエトキシスクレロールを注入する治療法(EIS)がおこなわれています(食道静脈瘤硬化療法)。

さらに引き続いて、食道下部の粘膜にアルゴンプラズマ凝固療法をおこない、静脈瘤の発生母地を硬化させ、再発防止に努めています(地固め療法)。

なお、簡易な治療法として静脈瘤をゴムでしばって取り去る内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)がありますが、再発しやすいという欠点があります。

しかし、吐血など緊急の場合や肝臓障害が強くEISができない場合には有力な治療法となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする