逆流性食道炎と胃食道逆流症の違い

胃液(十二指腸液を含む)が食道に逆流し、赤くただれて炎症を起こす場合を逆流性食道炎といいます。

一方、肉眼上食道に異常がみえるかどうかは関係なく、胸焼け・げっぷ・胸痛などの逆流症状があれば、胃食道逆流症とよんでいます。

つまり逆流性食道炎は胃食道逆流症の一部であるということができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする