胃食道逆流症の登場

胃液が食道に逆流し、赤くただれて炎症を起こすと、胸焼け・げっぷ・胸痛などをおこしてきます。

これを逆流性食道炎と呼んで、治療してきました。

しかし、胃液(十二指腸液を含む)が食道に逆流しても、必ずしも逆流性食道炎をおこすとはかぎりません。

つまり胸焼け・げっぷ・胸痛などの逆流症状があるにもかかわらず、内視鏡検査をしても異常が認められないケースがかなりあることが分かって来ました。

そこで、傷のあるなしにかかわらず、これらの病状をひとつにまとめて胃食道逆流症(ガード)と呼ぶようになっています。

つまり逆流性食道炎は胃食道逆流症の一部であるというふうに理解していただければいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする