ピロリ菌の除菌で逆流性食道炎は増えるか?

ピロリ菌により傷つき、萎縮した胃の粘膜が、除菌することによって回復し、胃酸の分泌が盛んになります。

その結果、新たな逆流性食道炎の発生を約10%に認めますが、それがすぐ治るのか、長く続くのかは長期経過がなされていないため、はっきりしていません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする