バレット食道がんの予防法

プロトンポンプ阻害剤を長期服用していくと、食道のもろくなった円柱上皮のなかに、本来の食道粘膜である重層扁平上皮が出現してくることがわかっています。

これは、バレット食道がんの素地を取り払う意味で、予防法の第一とおもわれます。

また、バレット食道がんで増加するといわれるサイクロオキシゲナーゼの阻止剤の服用も有効な治療法といわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする