バレット食道がんの早期発見法

早期発見のためには、内視鏡検査でバレット食道から生検組織をとって調べる以外に方法はありません。

発ガン前のバレット食道には、組織検査では高度の異型上皮・不完全型の腸上皮化生が出現してくることがわかっています。

内視鏡検査で異常がみられなくても、生検組織をとってこの点について検討すれば、早期発見につながるといえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする