バレット食道はなぜ発生するか?

長期間、逆流性食道炎がつづくと、本来丈夫にできている食道の粘膜(重層扁平上皮)は、ただれを繰り返す結果、薄くてもろい円柱上皮に変化していきます。

これをバレット食道(バレット粘膜)とよんでいます。

つまり、バレット食道は逆流性食道炎の終末像といえましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする