バレット食道とは?

胃と食道の境界より食道をさかのぼるように、円柱上皮(本来胃の上皮)が広がっていくものをいいます。

つまり逆流性食道炎を繰り返した結果、食道の粘膜が剥げ落ちて、あらたに胃液を分泌する胃の粘膜が発生したものです。

この病変の大きさが3cm以下の場合をバレット粘膜、3cm以上の場合をバレット食道といいます。

バレット食道は薄くてもろい円柱上皮でできているうえ、胃酸を分泌するため、深い潰瘍をつくりやすく、治りにくいのが特徴です。

そのうえ極めて癌化しやすく、欧米では食道がんの70%がバレット食道から発生するため、恐れられているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする