検査はいつ受けたらよいか?

血液検査・大腸内視鏡検査とも1年に1回、定期的にうけてください。

症状に変化がなくても病変の進行していることがあり、内視鏡検査を受け、いま飲んでいるくすりを増減する必要がないか、調べなくてはなりません。

また血液検査を受け、肝機能・白血球・血小板などに異常がでていないかみておく必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする