仕事・運動はどのくらい可能か?

内視鏡検査風景症状のない寛解期にはとくに制限はありません。

しかし、下痢・出血・腹痛がつよい時期は、運動はしないようにしてください。

仕事は軽作業からはじめ、症状が悪化しなければ徐々に増やしていくようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする