いつまで薬を飲めばよいか


ペンタサ・アサコール・リアルダ・サラゾピリンは 副作用が出ない限り、飲み続ける必要があります。

寛解維持療法として、ペンタサ1.5g/日か、アサコール2.4g/日か、リアルダ2.4g/日か、サラゾピリン2g/日が推奨されます。

一方、ステロイドホルモンは副作用を考え、なるべくはやく中止します。

また、寛解維持療法として免疫調整剤(イムランなど)の併用を考慮します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする