左側大腸~全大腸炎型 (軽症)の治療

内視鏡検査風景軽症の場合、ステロイドの経口投与は極力控えめにします。

経口剤は症状に応じて、5ASA(アミノサルチル酸)製剤であるペンタサ1.5~4.0g/日か、アサコール 2.4~3.6g/日か、サラゾピリン3~4g/日を服用します。

ペンタサ注腸の併用はとくに効果的です。なお、左側大腸炎が高度の場合は、ステロイドの注腸が有効のことがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする