直腸炎型の治療

経口剤としては5ASA(アミノサルチル酸)が基本となります。

ペンタサなら1.5~4.0g/日、アサコールなら 2.4~3.6g/日、リアルダなら2.4~3.6g/日、サラゾピリンなら 3~4g/日を使い分けます。

直腸病変のため、5ASAやステロイドの坐剤、注腸剤はともに高い効果が期待できます。

とくにペンタサ注腸剤は直腸からS状結腸まで広がった病変にも非常に効果があり、ステロイド注腸(プレドネマ注腸、ステロネマ注腸)をしのぐ治療効果を示します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする