ステロイド(副腎皮質ホルモン)とは

内視鏡検査風景ステロイド薬は、非常に強力な抗炎症作用、免疫抑制作用、抗アレルギー作用を持っています。 このため、ペンタサ、アサコールだけでは効果不十分な炎症でも、これを抑えこむことができるのです。
   
しかしながら、ステロイド薬は治療効果が高い反面、副作用の多いのが欠点です。

胃潰瘍、骨粗鬆症、精神障害、糖尿病などの重篤な副作用に加え、にきび、満月様顔貌、肥満、感染症にかかりやすい など多彩な副作用がみられます。

また、ステロイドの依存症になり、ステロイドをやめたくても、なかなか離脱できず苦労することも少なくありません。